ポイ活 旅行 楽天

楽天トラベルでポイントでホテル予約する方法!よくある疑問に回答します

楽天ポイントは楽天市場、楽天ブックス、楽天トラベルなどたくさんの楽天サービスの支払いに使うことができます。

旅行好きな方は、楽天トラベルで貯まった楽天ポイントを使ってホテルを予約するのもいいですね。

  • ポイントで払った分も楽天ポイント付与の対象になる?
  • 現地払いでも楽天ポイントが使える?
  • 予約をキャンセルしたら使った楽天ポイントは戻ってくる?
  • そもそも楽天ポイントを宿泊に使うのは損?お得な使い方は他にある?

そんな疑問をお持ちの方向けに、ポイントを利用する際の予約方法や注意点、果たして使い道としてお得なのか詳しく解説していきます。

ポイントを利用してホテル予約する方法

楽天トラベル では、支払いに楽天ポイントを使うことができ、宿泊金額の一部だけでなく、全額をポイントで済ませることも可能です。

ちなみに楽天の電子マネーである楽天キャッシュも利用可能です。

楽天ポイントを利用してホテルを予約する方法を紹介します。

現在貯まっている楽天ポイントは、 楽天ポイントクラブ公式サイト から確認可能です。

利用したい宿泊プランを選ぶ

まずは、予約したいプランを選んで「予約」をタップしましょう。

情報入力画面で使いたいポイントを入力する

利用ポイント数の欄に利用したいポイントの数を入力します。
入力後「決定」をタップします。
これによってポイントが引かれて支払金額が計算されます。

予約完了!

「上記の内容で予約」して予約完了です。

楽天ポイントでホテル予約する際のよくある疑問に回答します

ここからはよくある疑問に回答していきます。

楽天ポイントは何ポイントから使える?

楽天トラベルで使用できる最低ポイント数は100ポイントです。

100ポイント以上あれば使うことができます。

使えるポイント単位は

  • 国内ホテル予約では100ポイント単位
  • ANA / JAL楽パック(航空券+宿泊)であれば1ポイント単位

です。

国内ホテル予約では100以下の端数は使えないのでご注意ください。

楽天ポイントはいくらまで使える?

楽天ポイントは利用上限があります。

一回の予約につき、

  • ダイヤモンド会員:50万ポイントまで
  • ダイヤモンド会員以外:3万ポイントまで

です。

1ヶ月の利用にも上限があり、他の楽天サービスと合わせて

  • ダイヤモンド会員:50万ポイントまで
  • ダイヤモンド会員:10万ポイントまで

利用できます。

普通に使う分にはそうそうオーバーすることはないと思います。

全額ポイント利用することはできる?

オンラインクレジットカード決済の場合は全額ポイント利用はできません。

なので、支払金額が10,000円の場合、19,900ポイントまでしか使えません。

現地決済の場合は、全額ポイント利用OKです。

期間限定ポイントも利用できる?

楽天トラベルでは、期間限定ポイントを利用可能です。

期間限定ポイントが余っていて、期限切れまでに使い切りたい!という場合でも安心。問題なく使えます。

  • 通常の楽天ポイント
  • 期間限定ポイント

を両方使う場合、期間限定ポイントから優先して使われます。

予約をキャンセルしたら楽天ポイントは戻ってくる?

予約時に楽天ポイントを使って決済した場合、予約をキャンセルすると使った楽天ポイントは返却されます。

ただし、当たり前ですが、有効期限が過ぎてしまった期間限定ポイントはそのまま消滅します。

当日取り消しなどキャンセル料が発生するタイミングでキャンセルした場合、使用した楽天ポイントはキャンセル料に充当されます。

キャンセル料が引かれた数が戻ります。ご注意ください。

楽天トラベルのキャンセル料の仕組みは以下の記事にまとめています。

現地決済でも楽天ポイントは使える?

楽天トラベルでは、

  • オンラインクレジット決済
  • 現地決済

の二つを利用できます。

このうち現地決済を選択した場合でも楽天ポイントを使えます。

ポイント利用欄に金額を記載して予約すると、
ホテルにその情報が共有されて楽天ポイント分を除いた金額を請求してもらえます。

注意点

ただし、当日になって急に楽天ポイントを使うことはできません。

楽天ポイント利用欄を入力せずに予約してしまった場合、当日ホテルでやっぱり楽天ポイントを使いますと言っても対応できませんのでご注意ください。

ただし、例外があり、楽天ポイントカードの加盟店であれば使うことができるケースもあります。

  • 東急ホテル
  • エクセルホテル東急
  • 東急REIホテル
  • ビューホテルズ

楽天ポイントカード加盟店は以下から確認できます。

https://pointcard.rakuten.co.jp/partner/

楽天ポイントを使えないサービスもある?

一部楽天ポイントを利用できないサービスもあります。

まず、楽天ポイントを利用できるのは以下です。

  • 国内宿泊予約
  • 国内日帰り・デイユース
  • 国内レンタカー予約
  • 宿泊+レンタカー
  • ANA楽パック(航空券+宿泊)
  • JAL楽パック(航空券+宿泊)
  • 楽パック+JR北海道
  • 高速バス予約
  • 海外航空券予約
  • 海外ホテル予約(事前カード決済のみ)

など

一方、ポイントを利用できないサービスは以下の通りです。

  • 電話予約
  • 国内航空券予約
  • 往復JR+宿泊
  • 海外ホテル予約および楽パック(海外)

など

海外のホテル予約は基本的に対象外になります。

国内のホテルを予約する際は問題なく使えますので、ご安心ください。

そもそも楽天ポイントをホテル予約に使うの損?お得な使い方はある?

結論から言うと、これが楽天ポイントの一番お得な使い方!というものは特にないです。

旅行好きな方であれば楽天トラベルで使って問題ないと思います。

他の楽天サービスでも、楽天トラベルと同じで、利用したポイント分も楽天ポイント付与の対象になります。

基本的にどのサービスも通常のポイント付与率は変わらず、ポイント利用の価値が高まるサービスは今のところありません。

なので、深く気にせず自分が使いたいサービスや欲しいものに対して使えばいいと思います。

ただし、 楽天市場 では、楽天カード利用がかなりお得なので、ポイント利用は少しもったいないです。

SPU(スーパーポイントアッププログラム)という仕組みがあります。

SPUでは、楽天のクレジットカードを使う場合のポイント付与率が他サービスと比べかなり高いです

  • 楽天カード利用・・・2%
  • 楽天カード利用+楽天銀行口座引き落とし・・・3%
  • 楽天プレミアムカード利用+楽天銀行口座引き落とし・・・5%

ポイントを使ってしまうとその分は上記付与の対象になりません。

以上を考慮すると、SPUの仕組みがある楽天市場よりも楽天トラベルなどで使った方が良いと思います。

まとめ

この記事では、 楽天トラベル で楽天ポイントを使ってホテル予約を行う方法、よくある質問に対する回答を紹介してきました。

主な特徴は以下の通りです。

  • 楽天ポイント利用分もポイント付与の対象となる
  • キャンセルしたら利用した楽天ポイントは戻ってくる
  • オンライン決済だけでなく現地決済でもポイントを使える

楽天市場でも楽天ポイントを使えますが、楽天カード決済がお得すぎて、ポイントを使うのは少しもったいないです。

旅行好きで楽天ポイントが余っている方であれば、楽天トラベルに使うのはオススメですね。

この記事を参考にして楽天トラベルでポイントでホテル予約してみてください。

-ポイ活, 旅行, 楽天
-,