Apple キャッシュレス

Apple PayにAppleギフトカードを追加できる?違いは?

iPhoneにクレジットカードを登録して使えるキャッシュレス決済サービス、Apple Pay。

Apple Payを使いたいけど、クレジットカードを持っていない!

Appleギフトカードを現金で買ってApple Payで使えないかな?と考えている方もいらっしゃると思います。

  • AppleギフトカードをApple Payで使えるか知りたい
  • AppleギフトカードとApple Payの違いを理解したい

こんな疑問をお持ちの方向けに、

  • Apple PayでApple(アップル)ギフトカードを使えるか
  • Apple PayとAppleギフトカードの違い

について詳しく解説していきます。

AppleギフトカードはApple Payで使えない

早速結論です。

Apple(アップル)ギフトカードはApple Payに追加できず、使うこともできません。

Apple Payとは、電子マネーやクレジットカードをiPhoneのウォレットというアプリに登録して支払うことを指します。

Appleギフトカードは、Appleで使える商品券のようなもの。

電子マネーでもクレジットカードでもありません。

したがって、Apple Payで使うことはできません。

以前はウォレットに追加できた

ウォレットアプリには、実はクレジットカード以外にもポイントカードや映画のチケット、搭乗券なども登録できます。

以前は、Appleギフトカードも「ギフト券」としてウォレットに追加できたのですが、現在は登録できないようになっています。

ではAppleギフトカードはどうやって使うの?

Appleギフトカードは、以下の二通りの使用方法があります。

  • そのまま使う
  • Appleアカウントに残高をチャージして使う

Appleアカウントとは

Appleアカウントとは、一言で言うと、Appleの全サービスを使うのに必要なIDのこと。

アカウントがないとiPhoneのアプリのダウンロードもできません。

アカウントにチャージした残高は、有料アプリの購入やアプリ内課金に使えます。

Appleギフトカードの使い道は?

Appleギフトカードは、そのまま使う場合でも、Appleアカウントにチャージする場合でも同様で

  • アプリの購入や課金
  • Appleサービスでの映画や音楽の購入
  • Apple製品の購入

など、Apple系の支払いやApple製品の購入に使うことができます。

基本的には、AppleやiPhoneに関する支払いにのみ使えるイメージです。

Apple PayとAppleギフトカードの違いは?

Apple PayとAppleギフトカードの違いをまとめます。

Apple Payとは

Apple Payとは、iPhoneに登録したデジタルのクレジットカードや電子マネーを使って支払う支払い方法の総称。

iPhoneではIDやQUICPay、Visaタッチ決済、Felicaなど様々な方法を使えます。

iPhoneでこれらを使うことをまとめてApple Payと呼んでいるイメージです。

お店がIDやQUICPay、Suica等の支払いに対応していれば、どんな買い物にでも使えます。

Appleギフトカードとは

Appleギフトカードとは、Apple製品やAppleサービスでの支払いに使えるギフトカード。商品券です。

Amazonギフト券はAmazonでしか使えませんし、楽天ギフトカードは楽天でしか使えないように、

AppleギフトカードはApple関連の支払いにしか使えません。

Apple専用のギフトカードと覚えておくと良いと思います。

まとめると、

  • Apple PayはiPhoneのキャッシュレス決済方法の総称。
    • お店が使いたい支払い方法に対応していれば何でも買える
  • Appleギフトカードは単なるギフトカード。
    • Apple製品の購入やAppleサービスに対しての支払いにしか使えない。

と考えてもらうとわかりやすいかと思います。

オンラインのApple Storeで現金で商品を購入したい

オンラインのApple Storeで商品を購入する際、支払い方法は、

  • クレジットカード
  • Apple Pay
  • コンビニ払い
  • 代金引換

等から選択することができます。

しかし、iPhoneやMacなどの高額製品になると、利用できる方法が限られ、

  • クレジットカード
  • Apple Pay

の二つしか使えません。

  • クレジットカードを持っていない。現金を使いたい。
  • 現金でAppleギフトカードを買ってApple PayでAppleギフトカードを使えないか?

という疑問をお持ちの方も多いの出ないでしょうか。

これまで説明した通り、Apple PayでAppleギフトカードを使うことはできません。

しかし、実は、Appleギフトカードがあれば、Apple Payを経由しなくてもギフトカードを直接Apple Storeで使えます。

Appleギフトカードの購入方法

Appleギフトカードは、コンビニや一部のドラックストア、公式ウェブサイトから購入できます。

https://www.apple.com/jp/shop/buy-giftcard/giftcard

公式サイトだと、支払い方法はクレジットカードかApple Payしか利用できません。

なので、現金で購入したい場合は、コンビニやドラックストアで購入する必要があります。

Appleギフトカードの使い方

Appleギフトカードの使い方は二通りあります。

  • Appleアカウントの残高にチャージする
  • チャージせず直接使う

1の場合は、以下の記事を参考にアカウントへのチャージを行なってください。

https://support.apple.com/ja-jp/HT208687

購入時の支払い方法選択画面で、Appleアカウントの残高で支払うという項目があります。

そこで使いたい金額を入力すればOKです。

また、2のようにチャージせず直接使うことも可能。

その場合は、画面の「ギフトカードをお持ちですか?」のリンクをタップしてコードを入力すればOKです。

最大8枚のギフトカードを使うことができます。

以上の方法を使えば、現金でオンラインのApple Storeで商品を購入可能です。

まとめ

この記事では、

  • Apple PayでApple(アップル)ギフトカードを使えるか
  • Apple PayとAppleギフトカードの違い

について解説してきました。

結論、Apple PayでAppleギフトカードを使うことはできません。

両者の違いは、

  • Apple PayはiPhoneでの支払い方法の総称
  • AppleギフトカードはAppleで使えるギフトカード

です。

Apple Payは、SuicaやQUICPayなど利用したい支払方法が使える店舗であれば、町のお店で使えます。

しかし、AppleギフトカードはApple Store以外の実店舗では使えません。

AppleサービスやApple製品の購入にしか使えないと覚えておいてください。

オンラインのApple Storeで現金で商品を購入したいという方は、

現金でAppleギフトカードを購入して利用するのがオススメです。

以上に説明した内容をぜひ参考にしてみてください。

-Apple, キャッシュレス
-, ,