Ponta ポイ活

普通は知らない方法だらけ!Pontaポイントのお得な使い道を解説します!

Pontaポイントが何に使えるのかよくわからない

Pontaポイントが結構貯まっているけど、お得な使い道を知りたい

そんな方向けに、Ponta(ポンタ)ポイントのとっておきのお得な使い道を詳しく解説します。

以下の記事では、Pontaポイントの貯め方を解説しています。

使い道が増えているPontaポイント

Ponta(ポンタ)と聞くとローソンをイメージする方も多いと思います。

ローソン以外でもポイントを貯めて使えるお店実は非常に多く、特にリクルートポイント、auポイントとの基盤統合で使い道がさらに増えてきています。

使い道が多く、何に使えばお得なの?と迷われる方も多いと思います。

1ポイント1円で提携店での買い物に使用するのが一般的な使い方ですが、
今回は、Pontaポイントをよりお得に使える方法をご紹介します。

オススメ順に紹介しますが、普通の人は知らない方法だらけです。

ぜひ自分に合った使い道を探してみてください。

ローソンのお試し引換券で使う

ローソンのお試し引換券とは

ローソンの新商品を「お試し」扱いでPontaポイントで安く交換できるサービスです。

Loppiやローソンアプリで引換券を入手して、店頭で商品と交換することができます。

Pontaアプリは、iOSの方はこちらから、Android OSの方はこちらからダウンロードできます。

Ponta(ポンタ)ポイントの通常のレートは1ポイント1円です。
お店でPontaポイントを使用すると、300円の商品の場合、300ポイントと交換できます。

実は、ローソンのお試し引換券を使うと、1ポイントの価値が2倍にも3倍にもなるんです。

出典:ローソンアプリ

商品によりますが、100円のものを50ポイント、200円のものを100ポイント程度で交換できることも。
交換の倍率は、その時々、商品によりますが、定価の半額以下で交換できるケースが多いです。
ローソンで普通にポイントを使用するよりかなりお得でオススメです。

Loppiで引換券を発券、もしくはアプリで引換券を予約してレジで提示することで、商品とポイントを交換できます。

商品のラインナップは毎週火、水、金、土曜に更新されます。
人気のある商品は登場後すぐになくなって交換終了になる傾向にあります。
欲しい商品が出てきたら、早めの交換をオススメします。

au PAYマーケットで使う

出典:au PAYマーケット

auはPontaと提携しており、多くのau系サービスでPonta(ポンタ)ポイントを貯める・使うことができます。

au PAYマーケットとは

au PAY マーケット とはKDDIが運営するショッピングサイトです。

日用品、食品、ファッション、家電、美容などあらゆるジャンルが揃っています。

au PAYマーケットの ポイント交換所100% では、

Pontaポイントをau PAYマーケット限定ポイントに交換することで、ポイント数が1.5倍になるキャンペーンを行なっています。

3,000ポイントを交換すれば、なんと4,500ポイント!
Pontaポイントを普通に使うよりお得ですね。

ただし以下の制限があります。ご注意ください。

  • auスマートパスプレミアム会員限定
  • au PAYマーケットでしか使えなくなる
  • 有効期限が30日間になる
  • 交換上限は3,000ポイント
  • 期間限定の開催。タイミングによっては交換キャンペーンを行なっていないことも
au スマートパスプレミアムは公式サイト で会員登録できます。

通常の1.5倍で使えるということでお得に感じますが、

商品によっては他サイトで普通に買う方が安かった ということもあり得ます。

購入予定の商品はAmazonや楽天市場などの他サイトを回って事前にきちんと価格調査をしておきましょう。

送料なども加味して他サイトよりも安く買えそうであれば、ぜひ1.5倍増量キャンペーンを利用してみてください。

au PAY残高にチャージして使う

Ponta(ポンタ)ポイントは提携店で支払いに使えますが、普通に使うのは正直もったないです。

出典:PontaWeb

Ponta提携店とは?

Pontaはたくさんの会社と提携しており、

提携店では、

  • Pontaカード提示でPontaポイントが貯まり、
  • 現金のかわりにPontaポイントで支払いができます。

コンビニ、スーパー、百貨店、家電、書籍、飲食、旅行・・・

リアルの店舗だけでなくネットショップにもたくさんの提携会社があります。
Ponta提携店は、PontaWebより確認できます。

ただし、ほとんどの提携店で、ポイントで支払いをしてしまうとPontaカードを提示してもポイントが貯まりません。

一方、

  • au PAY支払いはPontaカード提示時のポイント付与対象になる。
  • Pontaポイントはau PAY残高にチャージできる。

なので、

Pontaポイントを効率よく貯めたいなら、au PAY残高にPontaをチャージして使うのがオススメです。

Pontaポイントをau PAY残高にチャージして、au PAYで支払うと以下のメリットがあります。(表は横にスクロールできます)

区分au PAY支払いのメリットポイント支払いだと・・・
使いやすさau PAYに対応していれば利用可能Ponta提携店でしか利用できない
付与されるポイント・au PAY決済分0.5%
・Pontaカード提示分0.5%
(提携店の場合のみ、付与率は店舗によって異なる)
特になし

au PAYカードを持っているとさらにお得!
au PAYカードでau PAY残高をチャージすると、上記に加えてさらにチャージ額の1%分のポイントが貯まります。

Pontaポイントを普通に支払いに使ってしまうとポイントは貯まりませんが、

au PAY残高にチャージして使えば支払い時にポイントを貯めることができ、お得です。

ポイント投資に使う

最近流行っているポイント投資はご存じでしょうか?

ポイント投資とは、

  • ポイント自体を運用する
  • ポイントで金融商品を購入する

等で気軽に投資を始めることができるサービスです。

出典:auカブコム証券

auカブコム証券というサービスでは、Pontaポイントで投資信託を購入して資産運用を行えます。

たくさんポイントが貯まっていれば、思い切ってauカブコム証券で投資に使ってみるものオススメです。

ポイント投資には以下のような特徴があります。

  • 消費に使わずお金を産むことに使える
  • 現金不要で心理的ハードルが低く気軽に始められる
  • ポイントで買った金融商品を現金で売却することが可能

何より現金の持ち出しなしで気軽に始められるのがいいですね。

auカブコム証券に登録するなら、ポイントサイト経由がオススメです。

出典:ハピタス

ポイントサイトとは

様々な広告を集めたまとめサイトのこと

クレジットカードの申し込みや各種ネットサービス利用の際、ポイントサイトの広告をクリックしてから利用を行えば、
広告利用のお礼にサイトの運営から1ポイント1円に変換できるポイントをもらえます。

サイトの広告をクリックして、あとは普通に各種サービスを利用するだけ。

非常に簡単です。
この一手間を加えるだけで、ポイントサイト側でポイントが貯まります。

ポイントサイトには色々な種類のものがありますが、 ハピタス モッピー が特にオススメです。

ハピタス に登録して「auカブコム証券」と検索すると、「auカブコム証券 初回取引」という広告がヒットします。

クリックして新規口座開設を行いましょう。

JALマイルに交換する

Pontaポイントは他社のポイントやマイルに交換することができます。

Pontaポイントは公式サイトからJALマイルへ交換できます。

旅行好きな方であれば、JALマイルへの交換もアリですね。

交換レートは1ポイント0.5マイルです。

1ポイント0.5マイルのレートは悪くない数字です。
国内線であれば2〜5円程度、国際線であれば2〜20円程度の価値になることもあります。

特に国際線のファーストクラスでマイルの価値が非常に高くなります。

Pontaポイントを普通に使用すると1ポイント1円の価値しかありませんが、

マイルに交換すると最大20円程度に化ける可能性があると考えるととてもお得ですね。

期間限定の開催になりますが、交換レートが20%アップするキャンペーンをやっていることも。
期間限定ですが毎年恒例になっており、開催している時期を狙って交換してみるといいと思います。

2022年は7月1日(金)~7月31日(日)の期間で交換レートアップキャンペーンを開催していました。

まとめ

今回はPonta(ポンタ)ポイントのお得な使い道を紹介してきました。

Pontaポイントには有効期限があります。

一度でも使ったり貯めたりするとそこから1年間延長されます。
期日管理をきちんと行なってポイントが失効しないように気をつけましょう。

その上で今回紹介したお得な使い道をぜひ試してみてください。

  • ローソンお試し引換券
  • au PAYマーケット
  • au PAYへの残高チャージ
  • ポイント投資
  • マイル交換

1ポイント1円以上の価値で活用できるお得な使い道です。

ぜひ一度試してみてください。

-Ponta, ポイ活
-, , , , ,